ネオスタ ブログ

赤羽橋店ブログ

赤羽橋店
03-6277-7512
営業時間
11:00〜18:00
定休日
火曜日

赤羽橋店ブログ

  • 2019/10/07
  • 店長コラム

今日は「盗難防止の日」

皆様こんにちは。
NEO-STANDARD赤羽橋店の牛澤です。

また大型の台風が発生するそうです。
今年最大級とのことですので、各地で大きな被害にならないように祈るばかりです。

さて、今日10月7日は「盗難防止の日」だそうです。
「10(とう)、7(なん)」の語呂合わせで日本損害保険協会が制定したそう。

かく言う私も、昨年自転車を盗まれまして、仕事に向かう前の朝だったのでどうにも出来ず。
その翌日に交番に被害届を出したわけですが、1か月ほど経ったある日、一通のハガキが届きました。
『放置自転車撤去したので引き取りに来てください』といった趣旨のものでした。
こちらは被害届を出していますから、自転車の防犯係に連絡し、被害届を出している旨をお伝え。
そこから少し面倒なことになりました。
自転車が無くなったのに気づいたのは出勤前の朝8時半ごろ。
その足で交番に向かうにしても、時間もなく、仕事帰りに交番に寄ることに。
ただ、自転車が無くなったという事実をその日の朝のうちに区の警察署に連絡しましたが、被害届がないと無意味と切られました。
止む無く、仕事帰りに交番によっても、防犯登録番号など覚えているわけないので、届け出も出せず、どうしようもありませんでした。
結局、被害届を出せたのは盗難された翌日でした。
そう、ここでの争点は、撤去された時間と、被害届が出された時間のどちらが早いかというところ。

なんと、私の自転車は歩いて7分ほどにあるコンビニの脇に放置され、盗難された日の10時ごろに撤去されていたのです。
盗難に気づいてから撤去までの僅か2時間の間に、被害届など出せるはずもなく、また、盗難された事実を撤去される前の時間帯に警察署へ電話していることも伝えましたが、取り合ってもらえませんでした。

仕方なく、引き取りの料金を払って、自転車は戻ってきたわけですが・・・。
盗んだ犯人も捕まらない上、自転車のない不便な時期に加えてお金まで無くなるという、一方的に損した事実だけが残り、その時は何ともやるせない思いでした。

それがちょうど1年前の出来事でしたので、盗難防止の日に合わせてお話させて頂きました。

世界のセキュリティ技術は日々進化していて、今では犯行前から「犯行を起こすだろう人物」をサーチできたりもするようです。
世迷い言かもしれませんが、そんな技術がいらない世の中になるほうが、嬉しいものですね。

それでは。

NEO-STANDARD赤羽橋店 店長牛澤


BACK TO LIST